HISTORY沿革

東京貿易メディシスは、医療機器メーカーとして1999年に創業し、約20年にわたって、世界中の医療と人々の健康に貢献してまいりました。
特に、創業当初から販売している生化学自動分析装置「ビオリスシリーズ」は、累計7,500台超の販売実績を持ち、世界約80か国以上の病院や検査機関で活躍しております。
また国内では、臨床検査システムを展開しており、ビオリスシリーズと合わせて各施設でご採用いただいております。
今後も世界中の人々の更なる“健やかさ”に貢献してまいります。

1999年

東京貿易メディカルシステム株式会社 創業(東京都あきる野市)
大阪営業所 開設
福岡営業所 開設
生化学自動分析装置 TMS-1024iを販売開始
ダイヤフラムポンプを販売開始
国内展示会「日本臨床検査自動化学会(現 JACLaS EXPO)」、米国展示会「AACC」、ドイツ展示会「MEDICA」に初出展

2001年

生化学自動分析装置 ビオリス24iを販売開始

2003年

CEマーキング適合規格認証の取得
UL規格認証の取得
ISO9001認証取得

2005年

仙台営業所 開設
ビオリスシリーズが世界累計販売台数1,000台を突破
札幌営業所 開設

2006年

テクニカルセンター 開設(事業拡大に伴う開発セクション強化、東京都あきる野市)
創業以来初となるビオリス24i大規模受注(ロシア保健省より500台)
本社を東京都立川市に移転
広島営業所 開設
名古屋営業所 開設

2009年

生化学自動分析装置 ビオリス24iプレミアムを販売開始
生化学自動分析装置 ビオリス12iを販売開始
本社を東京都あきる野市のテクニカルセンターに移転(開発・管理セクションの一体化)

2011年

社名を「東京貿易メディシス株式会社」に変更
東京都日野市に新本社ビル竣工

2012年

生化学自動分析装置 ビオリス50iスペリアを販売開始
生化学自動分析装置 ビオリス15iネオを販売開始
臨床検査システムを販売開始
ビオリスシリーズが世界累計販売台数5,000台を突破

2013年

ISO13485認証取得(日野本社)

2015年

グループ会社である東京貿易マシナリー株式会社のメディカル機器事業を譲受(製販一体化)
資本金を1億円から2億円に増資
八丁堀オフィス 開設(2017年1月 京橋オフィスに事務所移転)
ISO13485認証取得(現 京橋オフィス)

2016年

生化学自動分析装置 ビオリス30iを販売開始
生化学自動分析装置 ビオリス50iを販売開始

2017年

米国食品医薬品局(FDA)の認証取得(生化学自動分析装置 ビオリス30i)

2018年

品質マネジメントシステム認証をISO13485に統合

2020年

移動式免疫蛍光分析装置 AFIAS-1 蛍光アナライザー、AFIAS-6 蛍光アナライザーを販売開始

当ページは医療従事者の皆様を対象に作成しております。

カタログダウンロード

こちらよりカタログをご確認いただけます。

東京貿易メディシス 製品情報

その他製品情報はこちらからご覧いただけます。

お問い合わせ

  • カタログ請求・各種お見積り等
    に関するお問い合わせ

    03-6841-8703(代)

    • 平 日:9:00~17:30
    • 土日祝:休み

    その他営業所の連絡先はこちら

  • 保守・修理・点検
    に関するお問い合わせ

    0120-11-3040

    • 平 日:9:00~17:30
    • 土曜日:9:00~17:30(電話対応のみ)
    • 日 祝:休み
  • 注文先及び納期
    に関するお問い合わせ

    080-5688-3138

    • 平 日:9:00~17:30
    • 土日祝:休み

その他のお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ